IPv6IPv4 のメリットとデメリット

IPv6が本格的に稼働、普及すれば、スマート家電などの普及が期待されていますが、いろいろと課題もあるようです。
そこで、IPv6とIPv4についての比較を作ってみました。

セイバーさん     作成日: 2013年09月25日

メリットの比較

  • アドレス数がIPv4に比べ膨大にある

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • 全ノードにグローバルアドレスを割り当てることが可能

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • IPSecがレイヤ3で実装できる

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  メリットの追加
  • 今まで利用していた機器を引き続き利用できる

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • 外部通信しないものはローカルアドレスでIPv4で十分

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • 従来の管理方法をそのまま使える

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • 機器の機能をフルで利用できる

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  メリットの追加

デメリットの比較

  • 今まで利用していた機器を交換しなくてはならない可能性がある

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • PingやTracerouteを実行するのも一苦労

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • 管理の手間が増える

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • まだ多くはIPv4で動いている

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • IPv6対応機器でも機能が制限されている

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • アドレスが長い

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • IPv4とは直接通信できない

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  デメリットの追加
  • アドレスの新規割り当てを受けるのが難しい

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • NATが必要な場合が多い

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  • IPv6とは直接通信できない

    0人中、0人がこの意見を支持しています。

    この意見は支持できますか?
  デメリットの追加